【Forest Shoemaker展】ご愛用者の声『お手入れが楽しくなる靴』

いよいよ11月20日(水)~25日(月)まで、直営店Siesta Labo.にて企画展『Forest Shoemaker展』がはじまります。その前に、Forest Shoemakerさんの靴をご愛用いただいている方のお話を、ご紹介させていただきます。

まずご紹介するのは、札幌の市街地がら車で15分ほどの距離にある小別沢(こべつざわ)に工房と直営店を構えている『チエモク』代表の三島千枝さんです。Forest Shoemakerさんの斜め掛け紐のハイカットをご愛用くださっています。

3年前の企画展でオーダーいただき、もう2年ほど履いているそうです。

「大事にしているので、ここぞ!という時に履いています」

「とにかくデザインがすごく気に入っています!」

…という三島さん。お気に入りのコーディネートは、ジーパンに白いシャツだそうです。

このところ、三島さんはもう新しい靴を買うことは無くなったと言います。

「気に入った靴をずっと履きたいんです」

そんな思いにしっかり応えてくれるのが、Forest Shoemakerさんの靴でもあります。

「足のサイズを測って作るセミオーダーなので、最初から足にぴったり合って、履きこむほどに馴染んでくるので、とっても良いです。」

本当に履き心地の良い靴が1足あれば、もう他に靴が要らなくなってしまうほど…

「以前は、足に合わなくって、長く履いていると足が痛くなってしまって、何度も履かないうちに捨ててしまった靴もあったんです」

「ちょっとくらい足に当たっていても革なので履いているうちに馴染んでくるのでは?という考えで買った靴は、たいてい駄目でした。足に当たるのは、その後もずっとあたって痛いんですよね」

セミオーダーならば、最初から足にぴったりの靴が出来上がります。

なので、Forest Shoemakerさんの靴は安心して履き続けられて、とっても良いとおっしゃっていました。

ただ、大事にしすぎていて、冬は履かないようにしていたとか。

「形がすごく好きで、履きやすいので、本当はもっと履きたいんです!」と…

それでは、と私から靴のお手入れ方法についてお伝えしました。

靴の手入れは、ブラシで汚れを落としてから、クリーナーでキレイにして、保湿クリームで革を柔らかくした後、防水用のオイルを塗って、靴墨で磨き、最後はポリッシュでつやを出します。そして、履き終わった後は、軽くブラシで汚れを落としておくと、いつも綺麗で、そして長持ちします。

「あぁ…、そうすれば良いんですね!」

「お手入れも楽しいですよね」

手入れの仕方を知って、今年は冬にも履いてみたい、とおっしゃっていました。

丁寧にお手入れしていると、それだけ愛着もわいて、履くたびにワクワクした気持ちになれるものです。

特に、Forest Shoemakerさんの靴は、形もシンプルで一枚革なので、お手入れするのがひときわ楽しい靴だと思います。

ここで、チエモクさんの製品についても、ご紹介させていただきます。

まず、一番有名な製品は、もう10年以上のロングセラーで札幌スタイル認証製品にもなっている黒板消しストラップです。

スマホの画面クリーナーとしての実用性もあるこの黒板消しストラップ、ご覧になったことございませんか?

北海道のお土産としても人気の製品です。

また、チエモクさんの木の器もとっても素敵です。

手で触れるとあたたかさを感じて、軽くて、料理も冷めにくく、木の器でありながらも、表面に加工がしてあるので汚れがしみこむこともなく、お手入れがとても楽です。

わが家でもほぼ毎日のように愛用していて、かなりの頻度で食卓に並びます。こんなに使いやすい木の器は、他にはありません。

ソーシャルプロダクツアワード2018のグランプリを受賞した『もりのともだち』は、札幌スタイル認証製品でもあり、赤ちゃん用の食器でとても可愛く、出産祝いにもよろこばれます。わが家の娘もこのスプーンで育ちました。

チエモクさんの素敵なところは、北海道の木材だけを使っているところです。そして、毎年、植樹活動や森林づくりへの寄付も続けています。

気が育って木材になるまでには60年ほどかかります。それだからこそ、木材を使った製品も、それと同じくらい永く愛用されるものであって欲しい。そんな想いで、木工製品を作っていらっしゃいます。そんな姿勢がとても良いな、と思います。

木工製品にご興味がある方は、直営店にも、ぜひ遊びに行ってみてください。

Chiemoku ファクトリーショップ 小別沢
住所 :北海道札幌市西区小別沢140
電話 :011-790-7012
営業:10:30~16:00(火曜・水曜休)
▼詳しくは
Chiemoku オフィシャルページ

Forest Shoemakerさんの靴は、チエモクの三島さんが愛用している斜め掛け紐のハイカットの他に、斜め掛け紐のローカット、ストラップ、センター紐靴のハイカット・ローカットの5種類からデザインをお選びいただけます。

おひとりずつフィッティングして、足に悩みのある方にも安心して履き続けていただけるぴったりの靴をおつくりするセミオーダーの受注会は、11月20日~26日の6日間、直営店Siesta Labo.にて開催します。

Forest shoemaker展
会期:2019年11月20日(水)~25日(月)11時~19時
場所:シエスタラボ(札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1階)
作家在店:11月22日~24日
(20,21,25日はシエスタスタッフがフィッティングを担当させていただきます。)

▼Forest shoemaker 靴のフィッティング
ご予約のお申込みはこちらからどうぞ
店頭、お電話(011-206-0710 火曜定休)でも承っております。

▼参考
足の悩みを解消してくれるセミオーダーの靴

★お知らせ★

直営店シエスタラボ公式ラインでは、特別な情報をお届けしています。また、ショップカードにご登録いただくとご来店ポイントがつきます。4回のご来店で、隣のカフェ『アトリエモリヒコ』さんでの珈琲1杯をプレゼントしていますので、ぜひご登録ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)