【夏至のひかり】ROUSSEAUさんとの出会い。

こんにちわ、スタッフさかいです。
6月26日までシエスタラボでは企画展「夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU」
を開催しています。

札幌では、初めてのご紹介となるROUSSEAU(ルソー)さん。
一点ずつ手作業でガラスを切り出し作り出した「ガラスのハコ」、
そこに、植物 鉱物 化石・・・自然が時間をかけてつくりだしたカタチを合わせた
テラリウムを作っています。

2016年6月~7月にNHK Eテレ 番組「趣味どきっ」でテラリウム講師として
出演されていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

今回は、キャンドル作家 nuri candleさんとのふたり展ということで
キャンドルとも使えるように・・・と普段使っているものよりも
厚めのガラスを使ったトレイやケースも作ってくださいました。

△や□を組み合わせて作るROUSSEAUさんのガラス作品。
組み合わせによって様々な形が作られます。

透明なガラスに1面だけカラーガラスを使用している作品もあるのですが
カラーガラスは、今回の展示「夏至のひかり」のイメージカラーです!

2014年より活動を始められ、東京や名古屋を中心に活動されています。
ROUSSEAUさんと出会ったのは、昨年の3月にNAOT TOKYOでひらかれた
布花作家utopianoさんとのふたり展におじゃました時でした。

窓ガラスが大きく、開放感あふれた空間に置かれたガラス作品は
光にあたりキラキラしていました。
それが作り出す壁に映る影もとても素敵で、しばし見入ってしまいました。

その時に選んできたケースが下の写真です。
カルサイトという鉱物の結晶構造を再現したそうで
組み立てる角度が鋭角78.1度、鈍角101.9度にガラスを切り出している力作です。
角度によって見え方が変わる不思議な形が気にいって購入しました。

今回の展示では、私の持っているものよりも小ぶりなサイズが届いています!
小ぶりの方が作るのがより大変そう・・・と思い、丁寧に箱から出しました。

その他にもご紹介したい作品がたくさん!!
それはまた後日ご紹介しますね!

夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU
日時:6月14日-6月26日(6月20日は定休日)

【紹介ブログ】
夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU(6/14-6/26)
夏至のひかり、はじまりました。
ROUSSEAUさんとの出会い。


【企画展】夏至のひかり、はじまりました。

今日から6月26日までの2週間、
直営店では二人の素敵な作り手の展示がはじまりました。
店内は、とても美しい景色。

ガラスの素敵な作品を作るROUSSEAU(ルソー)さんと、
nuriさんの繊細なアロマキャンドルが並びました。
お店に入るとふわりとアロマの香りが広がり、心ときめきます。

1点1点、丁寧に色づけして作られるnuriさんのキャンドル。
今回は新作の形や絵柄が並んでいます。

新作のコトリ。
ひとつずつ風合いが異なるので、「かわいい…どれにしよう」とみなさん、じっくりご覧になっていました。

ぜひ製作をしてください!とお願いしたのが、ワックスブーケ。
エッセンシャルオイルで香り付けされたワックスの土台に、
花々が添えられています。
実物はそれはそれは美しいのです。

後半週の6/21-26は、スペシャルなキャンドルをオーダーいただくことができます。
ホロスコープの知識も深いnuriさん。
星座には、それぞれ対応する植物(精油)があるのですが、
nuriさんがブレンドされたお好みの星座の香りを、
お好きな模様のキャンドルにお付けするキャンドルのオーダーを承ります。
(お渡しは7月中旬になります)

nuriさんは、17,18日は在店もしてくださいます。
(ワークショップはすべて満席になっています)
お話できる機会ですので、ぜひお立ち寄りください。

そして…ROUSSEAUさんのガラスのハコ。

「テラリウム」という言葉をご存知ですか?

陸上の植物等をガラス容器などで飼育・栽培する技術で、
19世紀にイギリス・ロンドンで発明されました。
国から国へ多くの植物を運び必要があったこの時代、
テラリウムは画期的な発明でした。
ゴムやコショウはじめ、船に乗り多くの植物がテラリウムを使い、
運ばれたその時代を思い描くと、ワクワクします。

今回は、実際に植物が植えられたテラリウムのほか、「ガラスのハコ」の作品が並んでいます。

植物、鉱物、化石、大切ななにか…
どう使うかは、手にした人の想いのままに。
美しいガラスの箱に、大きな自由を感じるROUSSEAUさんの作品。
札幌では、はじめてのご紹介となります。

今回、ROUSSEAUさんは都合があわず、札幌にはお越しになりませんが、
それぞれの作品についての文章をいただいています。
私たちシエスタスタッフから、伝えさせていただけたらと思っています。

6月の美しいひかりの中の2週間の展示。
お待ちしております。

夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU
日時:6月14日-6月26日(6月20日は定休日)

【紹介ブログ】
夏至のひかり nuri candle&ROUSSEAU(6/14-6/26)
夏至のひかり、はじまりました。
ROUSSEAUさんとの出会い。


【お知らせ】豆皿プレゼント企画スタート!!(6月15日~)

みなさん、こんにちは。
ウェブショップ担当の工藤です。

ついこの間、6月になったかと思ったら、
もう半ば!早いですね~。

月の半ばといえば・・・、
シエスタオリジナル豆皿プレゼントスタート!!
そろそろおなじみになってきたでしょうか。

4月から始まったこの企画。
大変ご好評をいただいております。
すでに2枚、3枚とお集めのお客様も♪
ピンクの豆皿のプレゼントは今月で終了となります。

7月から9月はグリーンにお色が変わりますので、
「ピンク」が欲しい!全色揃えたい!と
お思いの方はどうぞお見逃しなく。

ところで、今週の日曜は父の日。
皆様もうプレゼントは準備されましたか?

ユニセックスな香りで男性も使いやすく、
贅沢にモリンガオイルを配合した
スキンクリーム「山の雫」。

米ぬかのスクラブ効果と黒蜜の保湿効果で
男性にもおすすめの使い心地の「ひとつの蜜の石鹸」。

汗ばむ季節には、薄くて軽い「リネンガーゼのハンカチ」を添えて。
薄くて乾きやすいので、ポケットにハンカチを入れることの多い
男性にもおすすめです。

お父さんにスキンケア商品をあげるなんてちょっと新鮮?!
いつもと違うプレゼントはいかがでしょうか。

<豆皿プレゼント企画>
札幌にて制作活動を行うpo-to-bo・島田知子さんに
特別に作ってもらったシエスタ完全オリジナルの
素敵な豆皿。

毎月15日~月末まで
1回のお買い物(ご注文)でシエスタオリジナル商品を
8640円以上(税込)ご購入の方に、
もれなく1枚プレゼントいたします!
☆枚数限定ですので、
 期間中でもなくなり次第、プレゼント終了となります☆

*15日~月末までのお買い物が対象です。
*実店舗・ウェブショップ共通です
*ご購入額の合算はできません。
*展示会商品(例:playgroundさんアクセサリー、nuriさんキャンドルなど)は対象外です。

豆皿プレゼント企画スタートは明日から!
今月もお買い物をお楽しみいただければうれしいです。


6/17 nuri candleワークショップ追加募集!!

こんにちは、さかいです。

昨日より募集を開始しました6月のキャンドル作りのワークショップ。

6/17のソイワックスを使ったボタニカルキャンドルづくり
11:00~の回が定員になりました。

nuriさんとご相談し、急きょ16:00~の回を追加でご用意しました。
明日11日11時より追加募集をします!
(ご予約は、店頭・お電話と専用ウェブページで受付します(6/11・11時~表示されます))
※募集は終了しました。

大豆から作られるナチュラルなソイワックスを使い、色とりどりの
植物を閉じ込め、お好きな香りをつけるキャンドル作りのワークショップ。

【日時】6月17日 16時~19時くらいまで
(固まる時間を含めると2.5時間~3時間ほどかかるワークショップです。
お急ぎの方はキャンドルを後日店頭お渡しできますので、ご相談ください。)
【参加費】4500円(お茶とお菓子付き)
【場所】Siesta Labo.(札幌市中央区南1条西12丁目ASビル1階)
【定員】4名

昨年も開催したワークショップ、参加してくださったみなさま
ニコニコしながら花を選んだり、香りを調合していたことを思い出します。
ぜひ、お楽しみに!!

 

 

 


【暮らしのコラム】雨の日は何してる?

お店スタッフあらきです。
6月に入ると札幌はお祭りモード。
今週は「YOSAKOIソーラン祭り」が開幕になり、
来週になると「札幌まつり」が始まります。
この前の休みには、かわいい子供みこしの行列に遭遇しました!

ただ、お天気の方は、気持ち良く晴れたと思えば、
次の日は雨になったりと不安定な日々。
梅雨がないと言われている北海道も
最近は「蝦夷梅雨」なんて言葉が聞かれるようになり、
6月は雨が多いような気がします。

休みの日が雨だと、ちょっぴり残念。
でも雨の日なりに楽しみたいですよね。

私の場合は、映画を観に行ったり、美術館に行ったりと
天気に左右されずに楽しめることをするパターンが多いです。
それでも、出かけること自体が億劫になり、
家にこもってしまうことも。
そんな時は、家の片付けも掃除も何もする気が起きないものです。
気分転換にゆっくり音楽を聴いたり、読書をしたりの
まったりする時間も好きなのですが、
最近、そんな時の過ごし方でマイブームになりそうなのが、
「ぞうきん作り」です。
地味ですよね~。(笑)

事の始まりは、たまりにたまった糸なんです。

祖母からミシンを引き継いだ時に、
カラフルなミシン糸、刺繡糸、手縫い糸も
同時にたくさん引き継ぎました。
使い切れずにビンの中に保管していたのですが、
何んとな~く、いつも気になっていました。
ミシンで何かを縫うとしても、
大体、白とか黒とかベーシックな色の糸しか使わないんですよね。

そうして月日は経って行ったのですが、
最近読んだ雑誌にぞうきんの作り方が載っているページがあったのです。

ちょっとした作り方のコツが載っているのですが、
「あー、これだ!」となったのです。
これって、以前「暮らしのコラム」で紹介した 「ダーニング」
のパターンと同じですね。単純ですね~。(笑)

使い古したタオルもたまりにたまっていたので、
ちょうど良い感じ。

ミシンでダーッと縫っても良いのですが、
雨の日は自分のペースでゆっくりと手仕事をする方が
良い気がして、手縫いでちくちくと始めました。
あっという間に時間は経つし、
糸の組み合わせや刺し子のようにデザインする楽しみもあって、
意外とぞうきん作りはあなどれません!

そして、晴れたら家の中の空気を入れ替えて、
ぞうきんで掃除でもしようかなと
ちょっと気分も前向きに。

今のところ、お休みが雨の日は、
「ぞうきん作り」が続きそうです。

ちなみに、使い切った糸巻きの紙には
こんな言葉が…。

「いつでも出来ると思う心は大事を見逃す元である」
まさに、そのとおり!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 503