【札花蜜】7月1日よりリニューアルします!

6月になり、札幌大通公園西12丁目のサンクガーデンでは、美しい薔薇の花が咲きはじめています。

わたしたちの直営店Siesta Labo.から北に3分足らずのところにあるサンクガーデンでは、55種類もの色とりどりの花が楽しめます。のんびりと読書やお弁当を楽しむのにも良い季節になりました。

こうした、お店の周辺の花々から採れたハチミツを使って、2016年からおつくりしている直営店限定石鹸『札花蜜』。
地元の方々はもちろん、札幌土産としても人気の石鹸です。

ミツバチが飛ぶわたしたちのお店を中心にした、半径3~4km(徒歩30分ほど)圏内には、大通公園や北大植物園、北海道大学、円山公園、北海道神宮、藻岩山などがあり、緑ゆたかな自然環境に恵まれています。

『ゆったりと深呼吸したくなるような、心地良い景色が思い浮かぶ、そんな石鹸をお届けしたい』という想いを込めて、おつくりしたのがこの『札花蜜』の石鹸です。

今年4月の、定番石鹸リニューアルに続き、『札花蜜』石鹸も、7月からリニューアルさせていただくことといたしました。

まず、新しくなったのはパッケージ。新しいパッケージは写真の左側。女性だけでなく男性にも使っていただきやすいように、シンプルでシックなデザインのパッケージになります。

そして、原料のハチミツの変更。これまでは、お店の近くのTV局屋上で採れたハチミツを使っておりましたが、手に入れることが出来なくなりましたので、新しい製品には、同じくご近所の市立札幌大通高校で採れたハチミツへと原料が変わります。

大通高校のハチミツ『天然蜜食べ隊』は、昨年(2018年)、第4回ハニー・オブ・ザ・イヤーを受賞した日本一のハチミツとなりました。

国産部門の最優秀賞と来場者特別賞のダブル受賞に輝いたこのハチミツは、『花の香りが強く、香りも良い。非常になめらか』『クローバーの様な上品な味。気品がある』と、審査員だけでなくコンテスト会場を訪れた一般のお客様にも大好評だったそうです。

先生方と生徒さん、そして地元のボランティアの方々が7年以上、小さな工夫と、改善を積み重ねた成果でもあるこの素晴らしいハチミツを使い『札花蜜』は新しくなりました。

今は、Siesta Labo.奥の工房で、このハチミツを使った新しい『札花蜜』の石鹸が熟成中。
サンクガーデンの薔薇が更にたくさん咲く7月から、皆様にお届けできる予定です。

今回のリニューアルに合わせて、札幌の作家3人の方々とコラボした、特別な限定ギフトもご用意。
この限定ギフトについては、また改めてご紹介させていただきます。

様々な花が見頃を迎える札幌の街並みを散歩しながら、『札花蜜』を思い出していただけれたらうれしく思います。

たくさんの方に、ご愛用いただけますことを楽しみにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)