【札花蜜】日本一のはちみつ、ぜひ味わってください!

『札花蜜』が7月1日からリニューアルするのを記念して、ご用意させていただくスペシャルギフトボックス。

今日は、石鹸の原料でもあり、ギフトボックスにも入る札花蜜のはちみつについてご紹介します。

加熱も加工もせず自然のままの『純粋はちみつ』は、栄養価も高く、美容にも健康にもとても良いとされています。札花蜜のはちみつは、人の手を加えずに自然のまま。わたしたちの直営店Siesta Labo.の周辺(半径約3km)に咲く花々の蜜をミツバチが集めた『百花蜜』です。

このはちみつを生産しているのは、市立札幌大通高校の皆様です。今年で8年目となる大通高校の養蜂活動は、先生と生徒さんたちが、ボランティアの皆様とともに、教育活動の一環として行っています。

5月下旬に、その採蜜の様子を見学させていただきました。

巣箱から採りだした巣枠にたっぷりと詰まったはちみつ。

蜜蝋のフタを取り除き、遠心分離機にかけます。

そうして取り出したはちみつを、金属製の網でろ過して瓶に詰めます。

加熱も加工も一切せず、自然のままの香りと味わいが残るこの美味しいはちみつは、第4回ハニー・オブ・ザ・イヤー(2018年)の最優秀賞を受賞し”日本一”に輝きました。

札幌の街の花々から採れたこの素晴らしいはちみつを、ぜひ皆様にもお楽しみいただきたいと思い、7月1日から限定発売する札花蜜スペシャルギフトに入れてお届けいたします。

石鹸づくりをお休みした土曜日の午後、直営店Siesta Labo.の奥の工房で、大通高校の生徒さんたちと一緒にはちみつの瓶詰めを行いました。

この製品を手にしてくれる方のことを想い、ひとつひとつ丁寧に、愛情と感謝を込めて瓶詰めをしてくれた生徒さんたち。
自分たちがつくったはちみつがお客様に喜んでいただけることをとても楽しみにしています。

生徒さんたちの感想をご紹介させていただきます。

「北海道、札幌のたくさんの人達が関わってできているというのが、とても素敵だと思います。できたものを自分が使うことによってかかわりが持てるというところもすごく素敵で、もっと使っていこう、と思えるのではないかと思いました。」

「入った時からお店の雰囲気が優しくて、それはこういうところで商品が作られているからだな、と感じました。札花蜜を瓶に入れる作業をしながら、普段いる場所では触れられない”自然由来”な空気に心が癒され、またここに来たいと思いました。」

「今回のギフトに入っている大通高校のはちみつは全国1位をとったはちみつです。たくさんの方に知っていただき、食べていただければ嬉しいです。」

そんな彼女たちの純粋な想いの込められたはちみつを、皆様にお届けできることを、わたしたちもとても嬉しく思っています。

札幌の街には今、短い北国の夏を謳歌するように美しい花々が咲いています。

大通公園、北海道大学のキャンパスと植物園、北海道神宮、円山、藻岩山。
みずみずしい植物が光を浴びて輝く中を飛び回るミツバチが、一生の間に集められるはちみつは、わずか小さじ一杯分だそうです。

札幌の自然の恵み、とても貴重なはちみつを、ぜひ味わってくださいね。

新しいパッケージの札花蜜、そして、札花蜜スペシャルギフトは7月1日より発売します!
※オンラインショップは21時発売です

▼関連ブログ

スペシャルギフトをご用意します!
7月1日よりリニューアルします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)