【tamakiniime展】ひとりひとりに似合うショールやお洋服が見つかるワケ。

シエスタラボで開催中のtamakiniimeさんのショール展も、残すところあと3日となりました。

今週末はパーソナルカラー診断をしつつ、ショールをお選びいただける特別な週末。
(ご予約はすべて満席となっています)

今日は、山本ヨシミさんがお越しくださいました。

カラー診断用の布をあてていくと、パッと顔色が映える瞬間があるんです。
その色が入ったtamakiniimeさんのショールをお客様がつけると…
傍でみている私たちスタッフも感動の美肌感!!

診断をうけたお客様も、「自分だったら選ばない色だけど、すごい!」とみなさんびっくり。
プロの診断は本当にすごい!!

さらに骨格スタイル診断もできるヨシミさんは、お洋服のアドバイスもしてくださって、とても充実な1日でした。お越しくださったみなさま、ありがとうございました!

2月にtamakiさんの工房を訪れたときに、床に書かれていた一言。

「あたりまえを疑え」

なんだかとても胸に響き、写真を撮ってきました。
そして、その意味が今日、少しわかった気がしました。

織物を織る時、同じ糸でたくさんの数を作った方が効率も生産性も高くなります。

そこをtamakiniiimeの工房では、1枚織るたびに、毎回糸を入れ替え、ショールを織っています。
その手間を考えると、ちょっとクラクラするのですが、だからブルー系と言っても、本当にすべて違う色。

大量生産・効率性という「当たり前」を、tamakiさん達らしく見直した結果、1枚ずつ違うものが出来上がってくる面白さ。

だからこそ今回カラー診断をしてもらったお客様が、自分の肌色にぴったりのショールを見つけられるんだなーと改めて、ブランドの魅力を感じました。

今回の展示では、もうひとつあたりまえをひっくり返す作品が届いています。
それが「fuwa-T」シリーズのお洋服。

前回の冬の展示までは、前後が合ったのですが、なんと今回は、襟ぐり幅を合わせることで、どちらを前にしても着れるお仕立てになっているんです。

気軽に着ることができる動きやすいショート丈。

Aラインで裾の広がる女性らしいデザインのワンピース。

同じお洋服ですが、印象ががらりと変わるんです!!
洋服には前後がある「あたりまえ」を見直すと、こんなにも楽しい!!

また、楽しいだけではなく着心地も抜群。

こちらでご紹介したパンツやスカートに使う生地よりも糸の密度が低いため、着用感の限りなく少ないやさしい肌ざわりが特徴です。
「フワ」という名前は、その肌ざわりのよさゆえにつけられたもの。

夏は1枚で涼やかに、冬はタートルやカットソーを重ね着したり、ワンピースにはタイツやパンツと合わせることで、通年着まわせるお洋服です。
お手入れもコットン100%なので、ご自宅でお洗濯ができて楽々。

明日は、戸井由貴子さんが在店してくださりパーソナルカラー診断を行ってくださいます。
戸井さんも骨格スタイル診断の資格をお持ちですので、ショールだけではなくぜひお洋服のご相談もしてみてくださいね。あたらしい世界が広がるかもしれません♪

また日差しが気になる季節。
日傘も並んでいます。

tamakiniime春夏のショール展は4月6日(月)までです。
どうぞお立ち寄りください。

▼今回の展示のブログ一覧をこちらにまとめました!お買い物のご参考にしてくださいね。

▼直営店公式LINEができました。お店と札幌近郊のイベントの最新情報をお伝えします♪
LINE内でショップカードを作っていただくと、ご来店ごとにポイントがたまり、アトリエモリヒコさんの珈琲を1杯プレゼントいたします★
友だち追加


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)